作成者別アーカイブ: アンチエイジングマイスター

ホームパーティーにて

先日、友達夫婦が6か月になる子どもを連れて我が家に遊びに来てくれました。
寒い時期ということもあり、お互い子どもが風邪を引いたりしてなかなか会うことができなかったのですが、先日ようやく実現することができました。

友達夫婦がたこ焼きパーティーをしたいということで、しばらく出番のなかった我が家のたこ焼き器を使いパーティーをしました。
今までたこやきを作るときには、タコかチーズくらいしか入れたことがなかったのですが、友達夫婦からチキンラーメンを入れても美味しいよというアドバイスをもらい、チャレンジしてみました。

最初は、それが合うのかなという抵抗が少しあったのですが、実際に調理してみるとちょうどいいパリパリ感が生地のふっくらさにマッチして、とても美味しかったです。
大阪出身の友達はよくたこ焼きを作るらしく、次々ときれいに焼いてくれました。

まだ食べることのできない子どもが両親が食べる様子をじっと観察していて、見ていて癒されました。
子どもさんが元気に育っている様子を見て、安心しました。
子どものこと、将来のこと、友達夫婦ともいろんな話ができて楽しい一日でした。

胎動を初めて感じた日

ちょうど妊娠18週頃、横になっているときに、お腹がつるような痙攣する様な感覚が1、2回目ありました。

その時の感想は、あれ?これが胎動なのかな?
こんな感じの全く確信がないものでした。

よく、胎動を初めて感じた時は感動するとか、これが胎動だ!とはっきりわかると言うのですが、私はその感動がありませんでした。

赤ちゃんが生きてるんだな。
と実感、感動したのはそれから数日後です。

初めて胎動っぽいものを感じた時よりも、はるかに動いていました。

夕飯の支度をしているときに、お腹がボヨンボヨンと。

「元気だね~お腹すいたの?」
思わず話しかけてしまうほどです。

こんな時にとても幸せを感じます。

赤ちゃんにも名前をつけてあげて、毎日話しかけてあげています。

この前1番動いていた日が、ウォーキングをして帰ってきたときの事です。

赤ちゃんにも酸素がいっぱいいって喜んでいたのか、ぐるぐるとよく動いていました。

旦那も私のお腹を触って、
「わ!いっぱい動いてる。
元気だね~!」と話しかけていました。

他に、食べているときによく胎動を感じます。
お腹の赤ちゃんは食いしん坊なのかな?と色々想像しながら毎日楽しんでいます。

次の妊婦検診が楽しみです。

猫ちゃんの始めての手術。

今日は私の飼っている猫ちゃんの手術の日です。
手術の前の日はご飯もお水も飲んではいけなく。
ご飯、水を欲しがり、にゃーと泣いては、色目を使って来ます。
可哀想で可哀想で。
とんでもなく辛い一日。
去勢手術なので、大きな手術ではないのですが、やはり、まだ6ヶ月の猫なので、何かと心配です。
昨日の夜中には、喉が渇いたのか、お腹が空いたのか、分かりませんが、暴れまくっていました。
ごめんね、と言いながら猫じゃらしで遊び、なんとか朝を迎えました。
そして、いつも行っている動物病院へ連れて行きました。
いつもの先生なので、猫ちゃんも安心したのか、落ち着いていました。
朝預けてから夕方に迎えに行く約束をしました。
私の飼っている猫ちゃんはラグドールと言う種類で、とてももの静かで人懐っこい、寂しがりやな猫ちゃんです。
帰って来るまでの間はなんだか憂鬱でした。
いつも玄関を開けるとお迎えに来てくれる猫ちゃんも、今日は家にいない、と分かっていても、玄関のドアを開けた時はとても淋しかったです。
なんだかんだで、夕方になり、急いで迎えに行きました。
なんとも落ち着いた猫ちゃんの姿を見てびっくりしました。
先生も驚く程の落ち着いた様子だったそうです。
親バカではないですが、私は本当にこの仔と出会えて良かったと、思いました。
その後は仲良く一緒に帰りました。

我が家の娘

やったー我が家の娘が彼氏と別れたよ。

娘の彼氏は娘より1つ年下の18歳、第一印象最悪挨拶出来ない、話ししても語尾がない、
座る時はひざを立てている最悪。

回りにどんな人物かきいてみると、仕事はしてるけど、おお嘘つきで有名。

遊びに来るときは真夜中。

交際を反対してしまうと、こそこそとしてしまうから、敢えて好きにさせてたさけど、別れたよ!
私も旦那も大喜びよ。

娘よ貴方は男見る目まだまだ甘いよ。

見た目は金髪頭だろうが、なんだろうが中身がしっかりしてたら、交際もいいだろうけど、挨拶は常識。

同性に嫌われる奴なんてね最悪だよ。

あなたはまだまだ若いんだから、しっかりした男つかまえてよね。

別れてまだ10日もたってないよね。

その男にはもう新しい男いるらしいじゃない、あなたも最近の帰りが遅かったり朝帰りしてるけど、もしかして、新しい彼氏でもできましたか?
そうだったら早いね!
ママには今時の若者がわからない。

お姉ちゃんと、貴方姉妹なのに、性格全然違い過ぎて怖いもの知らずの貴方心配でしかたないよ。

お願いだから男に騙されないでよね。

騙されるくらいなら騙しなさい。

お願いだから早く帰って来てくれ。
ママは毎日睡眠不足だよ。
看護師 短期求人

お手軽に自作イス

以前、ホームセンターで積み木に使えそうな木ぎれが売っていたので大量に買いました。

今日はそれを使って小物を飾れるオリジナルの棚を作ってみました。

長方形の木ぎれをコの字やTの字にして色々な隙間ができるように組み合わせて、30センチくらいの高さがある棚を作ることにしました。

かなづちで釘を打ってつないでいると、1歳になるおちびちゃんが寄ってきて「コンコン^^」と一緒にやりたそうにしています。

危ないですが、十分注意をはらいつつ一緒に釘をうつそぶりをして遊びながら棚を作成。

床で釘を打っていたのですが、ある程度、棚が形になってきたらおちびちゃんがその棚に背を向けてお尻を近づけてくるではありませんか。

何事かと思ったら、どうやらイスにして座ろうとしているらしいです・笑
そういえば以前も本棚を作っているときに同じ行動をしていたっけ……と思い出し、棚は一時中断して急遽、おちびちゃんのイスも作りました。

丁度、30×16くらいの大きさの板があったので木ぎれを足にしてイスにしてみました。

ボンドでくっつけたので釘は未使用です。
もし釘がむき出しになってしまったら危ないので。

ボンドが乾いたので渡してみたら、即理解したようで早速座ってご機嫌なおちびちゃん。

よかったよかった^^
おちびちゃんがイスに夢中になっている間に、中断している棚もさっさと作りました。

小物を乗せて、完成です。

よかったよかった^^

お手伝いロボになってみよう

NHKで放送されている「ピタゴラスイッチ」という番組があります。
その中のコーナーの1つに「お手伝いロボ」というのがあります。
タイトルの通り、子供がお手伝いロボに変身して色々とお手伝いをしてくれるのです。

これにはテーマソングもあり、歌詞の中に「きみがてつだうとちきゅうはへいわおかあさんたすかる」という部分があります。
確かにお母さんは助かりますが、地球も平和になるそうです。
お手伝い恐るべしです。

そんな「お手伝いロボ」ですが、子供が大好きなんです。
我が家では「お手伝いロボ」ごっこが流行っています。
「お手伝いロボ緊急出動」と出動命令をして、あれこれとお手伝いをしてもらいます。
子供も「ラジャー」と敬礼をしてからお手伝いをしていきます。

おかげで、色々なことをお手伝いしてくれるようになりました。
お手伝いの幅も広がり、色々なことを任せられるようになりました。

もちろん、こちらも感謝の言葉や、その日のうちにお手伝いでよかったところを必ず見つけてその都度褒めることは忘れません。

褒めた後の、得意げな顔や達成感は、次のお手伝いの意欲に繋がるので、ますますお手伝いをしてくれます。

本当に歌詞の通り「おかあさんたすかる」です。

最近見つけた面白い映画

先程仕事帰りについレンタル屋さんによってしまうという内容を書かせてもらった者ですが、最近面白い映画を見つけて、見た映画の内容を書かせて頂きたいと思います。 映画の名前はボーンアイデンティティ、スプレマシー、アルティメイタムの3部作です。 内容は記憶を無くしたCIAエージェントが自分の命を狙うエージェント達と死闘を繰り広げながら自分自身の誰なのか記憶を取り戻していくという内容なのですが、私がこの映画が面白いと思う所は、主人公が楽勝で敵に勝つと言った内容というわけではなく、敵との戦いで苦戦を強いられながらもそして主人公自らもケガを負いながら追っ手から逃げたりするリアリティーさが好きです。 そして主人公の年齢もたぶん私と同じぐらいだと思われるので(30代前半~30代半ばぐらい) 思わず私自身もその映画の主人公にリスペクトしています。 ちょっと古い映画ですがかなりおすすめです。 機械があればご依頼主様も一度ごらんになってはいかがでしょうか?私が見つけた面白い映画紹介でした。

これもDIYと言うんでしょうか

ここ1年近く髪を切っていなくて、縛ったりまとめたりしてなんとかごまかしてきたのですがいい加減切りたくなってしまい、今日切ることにしました。

とは言え、今の住まいに越して来てから全く美容室を探すことすらしていなかったので、どこへ行ったらいいものか…そんなに凝った髪型にもしないし、伸ばすつもりだから少し軽くしてもらえればいいからわざわざお高いところに行くのもなあ、と考えていて、閃きました。

自分で切ろう、と。

旦那の髪は電動のバリカンでけっこうまめに刈ってやっているので、自分の髪でも鋤くくらいならどうにかなるだろうと。

鏡の前でビニールを敷いて、適当に軽くなるようざくざくと鋤いてみました。
そんなに長さは変えていないものの、けっこうな髪の毛が落ちて行き…終わって櫛を通してみると、だいぶすっきりしていました。

まあ、仕上がりがきれいかと言われたらはてな?ですが、おろしていることもあまりないし及第点かな、という感じです。

ああ、すっきりした!

見たくない女子部屋の実態

今日はTwitterで“女子の部屋の実態はこんなもの”という記事と画像を見つけました。
それは部屋中物だらけで服やバッグが散乱した部屋の写真でした。
しかしそれを見て、確かに、と納得出来てしまったのです。
私の周りで、綺麗な部屋をしている女子を見たことがありません。
勿論私も同様です。
おそらく男性とは違い、物が余りにも多すぎるというのがポイントではないかと考えられます。
綺麗な部屋や小洒落た部屋に憧れを持っているのに、中々行動には移せず、普段の見慣れた部屋で居心地良くなってしまっているのでしょう。
あの画像を見て、汚いと思ったと同時に、しかし自分の部屋と何が違うのか、と感じてしまい情けなくなりました。
一気にしようとするから断念してしまったり、適度に片付いた事に満足してしまうのだろうと思うので、これから少しずつ毎日、何分かを決めて掃除していこうと思いました。

リディック

相方が映画を見ようと言い出したので、一緒にDVDを借りに。

そして、まあ一回見たけど内容覚えてないサイレントヒルと、ヘンゼル&グレーテルとリディックを借りてきましたよ。

時間も時間だから毎晩一本ずつ見て行こうとなって、準新作かな?のリディックから見ることに。

何作目からしいんだけど、はじめて見ることになる。

表紙はムキムキのスキンヘッドの俳優さん。
ブルースウィリスになんとなく似ている。

正直、SF興味なかったからそんな見る気なかったんだけど…がっつり最後まで見てしまいました。

ってぐらいの次何あるんだ?どうなんだ?って映画ですね。

野生動物?というか恐竜のようなエイリアンのようなハイエナのようなに襲われ、賞金稼ぎや因縁があるやつらにも狙われる。
大変だないろんなのが敵で・・・。
私だったらそのなんだかわからない野生生物でもうギブアップ。

でも見てよかった作品のひとつです。
家で映画鑑賞はゆっくり見れていいですね^^